Official Weblog of BASEL, VANILLA, atelier BASEL, Paper moon, CALON.

各店舗における日々の出来事を、スタッフみんなで書き込んでいるブログです。 商品情報やイベント告知、社長のコラムなど、なんでもありで自由にお伝えしていきます。

« Home | COLUMN の記事一覧

勝沼(一宮)の桃のお話

2011年06月21日 火 | COLUMN


梅雨時期で、太陽が見えない日々が続いておりますが皆様お元気でしょうか?


昨日は勝沼の一宮の桃の農園(古屋サトル農園)に行って来ました。


BASEL・VANILLA・PAPERMOONで7月8月のケーキで使用するおいしい桃を求めて・・・・


PAPERMOONの桃のショートケーキは人気商品で作ってもお昼過ぎには完売。

状態が良い桃が手に入らないと作れません。


今年はBASEL&VANILLAでも勝沼のおいしい桃を、ショートケーキ、ピーチタルト、ロールケーキで展開予定。


一番早い収穫の桃は、少し色づきはじめている様子。

本格的な収穫は7月の3~5日が最初の出荷。


通常の東京で私達が手にする桃は、
農家→農協→大田市場→仲買→卸業者→弊社という流れで、収穫から早くても5~6日、通常1週間くらいは経過しています。


その流通の期間に耐えうる桃でないと商品価値が無くってしまうため、どうしても早めに収穫してしまうことに。


フランスに行くといつも感じるのはフルーツのおいしさ。

そのおいしさはできる限り果樹になっている状態で熟させることに尽きます。

作り手と消費者が近い状態にあるから実現する話。

町のマルシェには農家が直接売りに来ているのだから。


日本を代表するフルーツ、勝沼の桃も同じ。

今年は古谷さんの協力で、できるだけ木になった状態で熟成に勝負をかけて、、

朝もぎ取ってもらった桃をその日のうちにデリバリーしてもらいます。


最短では翌日にはケーキになって皆様のお口へ!


ケーキに使うにはもったいないくらいおいしい桃が入ったときには、そのまま販売するかもしれません。

7月になるのが、楽しみです。


そんな桃の名産地「勝沼の一宮」も農家の平均年齢は69.7歳だという。


戦後から作り始めているので、ほとんどの作り手が1代目。

果樹は15年くらいで植え替えなので、、4代目~5代目。


残念ながら、そのほとんどの農園が後継者がいません。


取り組んでから数年間は採算が取れない農業は、企業が参入する可能性は低いのでその存続は危機的状態。


一年に一度しか収穫のチャンスが無い農業、人生をかけていいものを作り上げるのは本当のライフワークだと感しました。


もしかしたら10年後は勝沼のおいしいものは食べられなくなるかもしれません。


悲しいことです。


J.Watanabe


被災地へ

2011年03月31日 木 | COLUMN

http://blog.goo.ne.jp/flower-wing/c/c243b43b34607432f159db67544ada11

「被災地へ」から、長いですが読んでみてください。

被災地の現状がメディアと違った形で見えます。

個人の方のブログですが、救援の苦労と苦悩が見えます。

明るい話題でなく、申し訳ないですが、私たちの置かれている、、家がある、着る物がある、食べるものがある、友人と酒が飲める、、

という平和な現状を、ありがたく再確認する必要があると感じています。

J.Watanabe

原発くん!可愛くて解かりやすい

2011年03月20日 日 | COLUMN

とても、いい動画を発見しました。

お子様だけでなく、大人も必見です。

http://www.youtube.com/watch?v=P8STAkMl4Wg

是非見てください。


J.Watanabe

被災地でボランティアしたいと思っている若者へ!

2011年03月17日 木 | COLUMN

ボランティアに行きたいと思っている人達は沢山居ると思う。


報道はある一部の事象しか電波に乗せない。

被災地で、水が無い、食料が無い、燃料が無い、毛布が無い、、、、


ちょこっと停電する程度で、いつもとほとんど変わらない生活が出来る私たちに何が出来るのか?

と皆さんも心の中で考えていることでしょう・・・・


私自身もその一人。


現地の人に美味しいものを、甘い物を食べさせてあげたい。


クルマのメンテナンスに使う、コストコで買った2トン上げられるジャッキも積んで行けば、もしかしたらひとりの命を助けられるのではないかと感じたりした。


海外メディアは、私たちの見ている報道の何倍もの大げさな情報で、日本は壊滅的なことになっていると報道している。


海外の友人たちからは、電話やメールで日本はどうなってる??無事か?と連絡が来る。


Yahoo Franceでは、検索キーワード一番はFukushimaだ。


放射能が、ハワイを過ぎ、アメリカ本土の西海岸まで到達している画像や、報道が世界中を流れている。


航空会社の友人たちは、海外に退避したい外国人のチケット争奪戦に翻弄されている。


平和な東京の人は、ガソリンスタンドに、開店前のスーパーマーケットには行列を作る。


ホントに日本人って並ぶの好きなんだなぁ・・・


水や米、缶詰、カップヌードルを買い占める。


「そんなことしなくたって、大丈夫だって!」


心優しい友人たちから送られてくる、チェーンメールにもうんざりだ。


海外メディアは、日本人の礼儀正しさ、暴動が起きない事などを、素晴らしくたたえてくれてはいるが、被災地の人達が助け合っている姿に対して、、、


私たちの地域で起きていることは自分達だけがよければそれでいいのか!?

と思わせるような行動ばかりが目につく・・・


それが、残念ながら、、お年寄りに多い。


ウチのような店でも、、「もうパンは無いのか!」「隠しているんだろう!!」

いきなり店で怒鳴り始める爺さんがいる。

大切なお客様の一人ではあるけれど・・・・


「悪いが、あんたに売るパンは無いよ!」


売り物があったとしても売る気がしなくなる。

小学校の頃、、「慌てる乞食はもらいが少ない」などと、給食でおかわりを争って奪う奴らに言ったことを、ほのぼのと思い出したりもする。


礼儀正しいと言われては、居るが、、、本当の所はどうなのだろう???


さて、話はそれてしまったが、、、


被災地に出向きたいと考えている若者は、一歩踏み出す前にこの体験談を読んで欲しい。

http://chodo.posterous.com/45938410


J.Watanabe

東北関東大震災義援金ご協力ありがとうございました。

2011年03月16日 水 | COLUMN

いつもお買い上げありがとうございます。

「毎月15日はチョコレートケーキ半額デー」として、日頃のご愛顧の感謝の気持ちを込めて、還元セールとして30年以上実施して参りました。

 昨今の原材料費の高騰の中、値上げすることなく私たちも日々努力しております。

 このたび、東北地方を中心に甚大な被害を及ぼした、東北関東大震災被災者の方々に向けて、私たちも何か出来ることはないかと日々思案しており、疲れ果てている被災者の方々に甘くて美味しいスイーツをお届けすることが一番のご支援だと思っておりますが、現状、現地に出向くことも許されないので、そのようなご支援はしたくても出来ない状態が続いております。

 そこで、お客様のために頑張って30年続けてきた「チョコレートケーキの半額サービス」ですが、日本赤十字社が義援金の募集をしている9月までの間につきましては、被災者の為にお客様とともに頑張るイベントそさせていただき「チョコレートケーキの半額サービスデー」を「被災者への義援イベント」と位置付けさせていただきたいと考えております。

 お客様からの暖かいご理解とご支援、ご協力をいただけたら幸いでございます。

 昨日も15日とということで、沢山のお客様がチョコレートケーキを買いに来ていただきました。

 はなはだ勝手ではございますが、ロングタイプのチョコレートケーキには1本100円、ホールタイプのケーキには1台当たり200円の義援金の寄付をお願いさせていただきました。

 既に、生クリーム、チョコレート、小麦粉の入荷も不安定な常態になっており、来月も実施できるかわかりませんが、出来る限りこのイベントを実施したいと考えております。


 中には、私たちの心が折れそうになる手厳しいご批判の声も一部頂きましたが、大半のお客さまは気持ちよくご理解とご支援を頂くことが出来ました。

 尚、この義援金はお客様に私たちが強制できるものでもないですし、強制しているわけではございませんので、他で義援しているのでここではしたくないと感じるお客様はご遠慮なくおっしゃってください。


 実施店舗は下記の店舗でございます。

 BASEL京王八王子店 042-648-0824
 BASEL豊田店    042-581-0824
 BASEL高倉店    042-646-0824
 BASEL富士森公園店 042-625-8981
 アトリエBASEL   042-973-2217


 昨日は、停電の影響、原材料の不足から十分な商品数をご用意できませんでしたが、合計¥90432の義援金を集めることが出来ました。


 この金額は、責任を持ちまして、間違いなく日本赤十字社東北関東大震災義援基金に寄付させていただきます。

 皆さんの、ご協力とご理解を賜りましたことを、心から御礼申し上げます。


    有限会社BASEL洋菓子店 代表取締役 渡辺純 、スタッフ一同

1, 2, 3, 4, 5