Official Weblog of BASEL, VANILLA, atelier BASEL, Paper moon, CALON.

各店舗における日々の出来事を、スタッフみんなで書き込んでいるブログです。 商品情報やイベント告知、社長のコラムなど、なんでもありで自由にお伝えしていきます。

« Home | 2009年08月 のバックナンバー

1985年秋

2009年08月05日 水 | COLUMN

img_169114_20709960_0.jpeg

1985年秋、私は大学生。

当時、イタリアントマト(吉祥寺店)でアルバイトをして買った、85万円の1978年式ワーゲンゴルフGLEで、彼女を載せて山中湖にドライブに行った時に、ペーパームーンと初めて出会った。

店内のテーブルには今のようにテーブルクロスは無く、コンクリート打ち放しの暖炉の存在感が大きく目立っていた。

店内はとても暖かく、森はどこまでも深く見えた。

緊張感のあるインテリアが、若造の私には、、、、
どこか、小声で話さないと叱られてしまうような雰囲気が漂うシャープな空間のお店。


創業オーナー、牧田氏の作る「マッシュルーム詰めポークソテー、マスタードソース」が衝撃的に旨かった!今でも忘れられない味である。

ジューシーな肉にサンドされた数種類のキノコのバターソテーは、じっくりと弱火でソテーされて味が凝縮されていた。粒マスタードをベースにしたちょっと酸味のあるソースが旨い。

当時、平野の方で毎朝焼いて届けてくれるらしい、プレッチェンという白いお尻のようなパン。
 
魔法使いがホウキに乗って空を飛ぶ、元祖ペーパームーンのマークが、真っ白く粉をふいたパンの柔肌に焼印で押してある印象に残る。


そんな、ペーパームーンが幻のレストランだったのは最初の一年だけ。


この日記を読んでいる人で、ここで食事をしたことがある方はいらっしゃるだろうか。。。


こんな日記を書いている私は、今年46歳。

 
PAPERMOONとの思い出を振りかえっている。

お花の収穫

2009年08月06日 木 | Paper Moon

img_169114_20734752_0.jpeg
img_169114_20734752_1.jpeg
img_169114_20734752_2.jpeg


PAPER MOONに来られたことのある方なら、ご存知かもしれませんが、店内の天井には沢山のドライフラワーが吊るされています。

あのお花たちは、仕入れているのではなく、忍野村に畑をお借りして私たちが収穫しているのです。

毎年秋に、イギリスに種をメールオーダー。

その種をお世話になっている忍野村の農家のおばぁちゃんが、ビニールハウスで大切に発芽させて苗にしてくれます。

その苗を畑に植えて、、、大きく育てて収穫を待ちます。

今まで2畝だった畑を今年からは、3畝に増やしました。

第一回の収穫が始まっています。

収穫は9月いっぱい、長ければ10月の頭まで続きます。

涼しい忍野村といえども、暑い中の収穫はとても重労働です。

女性スタッフ達が頑張ってくれます。

朝から収穫を始めてお昼には畑を切り上げて、収穫したお花をお店に持ち込みます。

同じ長さに切って、ブーケを作って、天井から吊るしてドライにします。

ドライになったものは、ブーケやポプリとして販売されます。

NEW ランチプレート

2009年08月27日 木 | BASEL

11358_133_453938c597.jpg

9月1日より、新しいランチプレートが始まります。

身体に優しい、お野菜を中心とした、フランスやイタリアの田舎的な家庭料理の惣菜の盛り合わせ。

なかなか、おいしく出来上がっています。

カロンのパン工房で焼きあがった、焼きたてのパンと一緒に召し上がっていただきます。

パンは、その日のお客様が来たタイミングで内容が変わるかもしれません。

気軽な感じで、召し上がっていただけるとありがたいです。

ランチプレート(惣菜盛り合わせディッシュ+カロン焼き立てパン+ドリンク)で¥1000の予定。
プレートの中身によって、お値段が変わる場合もあるかもしれませんが、出来る限り¥1000のお値打ちを目指そうと思っています。

デザート付きは、、¥1200~

当面の間は、テイスティンググラスにて、ワインをサービス予定です。

お問い合わせは

BASEL高倉店 042-646-0824 店長平賀まで!

1